脊椎固定術は頸椎、胸椎、腰椎、仙椎に行われる手術である。
わきだ整形外科では頸椎と腰椎の脊椎固定術を行っている。
このページでは、最も多い、腰部脊柱管狭窄症に対する、脊椎固定術について解説する。


腰部脊柱管狭窄症に対して、行う手術には大きく分けて、除圧術と脊椎固定術がある。
除圧術は神経の圧迫のみを取る手術で、椎弓形成術と言われる。
脊椎固定術は、神経の圧迫を取った上で、脊柱のずれや動揺性を改善することを目的に一部の椎体を動かなくする手術で、椎体間固定術と言われる。


わきだ整形外科では腰椎椎弓形成術を行う場合は、ほとんどが棘突起正中縦割進入MD法で行われている。
棘突起正中縦割進入MD,MED法は、ある程度のずれや動揺性があっても、除圧術のみで対処できる手術法であるが、それも限界がある。
そもそも、脊柱にずれや動揺性があるために、脊椎は変形をして神経を圧迫してしまった訳である。その為に、ずれや動揺性を改善しない限り、症状の再発や術後に症状の改善が見込めない場合がある。


わきだ整形外科では棘突起正中縦割進入MD,MED法で症状の改善が見込めない場合のみ、椎体間固定術を行っている。


椎体間固定術には、様々なやり方と、インプラントが存在しており、脊椎の手術の中では、最も高度な技術と知識が必要な手術である。


楊 昌樹の椎体間固定術は通常の切開で行っているが、通常よりも小さい切開で行っており、1カ所であれば、8cmほどである。
最近になり、内視鏡を使用した椎体間固定術が行われつつあるが、わきだ整形外科では行っていない。
理由はまず、内視鏡でやれば傷が小さいと言われるが、実際は何カ所も切開が必要で、それを合計すると楊 昌樹の切開の長さよりも長くなってしまうこと。
手術中に透視(連続してレントゲンを出す機械)が必要で、被曝量が増えること。
確実な神経の除圧が行えない場合があること。
ずれを解消できないことがあること。
以上のことより、楊 昌樹は内視鏡での椎体間固定術を行っていない。


2009年に、Cortical Bone Trajectoryという、新しいインプラントの挿入方法が開発された。
Cortical Bone Trajectoryは、挿入の方法が以前とは違うため、以前よりも切開が少なくて済み、筋肉の剥離や損傷が少なく、痛みや出血が少なくなる。さらに、30%も引抜き強度が増すことがわかっている。
そのような利点より、楊 昌樹Cortical Bone Trajectoryは内視鏡での椎体間固定術よりも、革新的だと考えている。
ただし、Cortical Bone Trajectoryは全く新しいインプラントの挿入方法であり、医師にとっては難しい方法である。


わきだ整形外科では、このCortical Bone Trajectoryを採用した椎体間固定術を2011年12月より開始した。
九州で初めて、Cortical Bone Trajectoryを採用した椎体間固定術を行ったのは、わきだ整形外科楊 昌樹だと言われており、優秀な成績を収めている。
非常に革新的技術であるCortical Bone TrajectoryであるがCortical Bone Trajectoryを採用した椎体間固定術は、脊椎の解剖を熟知した一部の医師が、綿密な計画とテクニックを持って行わなければ、危険な手術となっている点は十分留意する必要がある。


インプラントの挿入方法以外でも、医師によってやり方が異なっている。
楊 昌樹は基本的には椎体のずれがあった場合は、ずれを戻すようにしている。以前より、椎体間固定術を行えば、ずれを戻さなくても、症状の改善には関係ないという風に先輩の医師に教わってきた。
それは、以前のインプラントでは、無理にずれを戻すと、インプラントのトラブルが起こりやすかったことも一因であり、確かに症状は多くの場合で取れる。
しかし、楊 昌樹がずれを戻して手術を行っていく課程で、やはりずれを戻した方が神経の圧迫が取れることがわかってきた。さらに、独自のやり方を行うことで、インプラントのトラブルを回避できるようになった。また、Cortical Bone Trajectoryがさらにそのリスクを軽減している。
元々、神様が作ってくれた形に戻す。それが正しいのではないだろうか。
そう信じて、現在もずれを戻している。
また、神経の圧迫を取るときに、椎間関節というところを大きく壊してしまう医師が多い。
楊 昌樹はほとんどの場合は椎間関節を温存する。
それは、トラブルが起こったときに良いと言うこと、残せるものは残した方が良いと言う考えからである。


下のレントゲンは動揺性とずれがある患者さんの術前と術後のレントゲンである。前述の方法できれいに、ずれと動揺性が解消している。もちろん、症状も改善した。


椎体間固定術は脊椎の手術の中では最も高度な知識と技術が必要な手術です。
椎体間固定術を受けられる場合は、脊椎脊髄外科指導医に手術をしてもらうと良いでしょう。
ただし、Cortical Bone Trajectoryを採用した椎体間固定術は、受けられる施設がとても限られています。
まずはわきだ整形外科にご相談ください。