腰椎椎間板ヘルニアについて



腰椎椎間板ヘルニアは脊椎疾患の中で最も多く罹患する疾患で、坐骨神経痛の最も多い原因です。多くは椎間板の中にある髄核というものが神経の方に飛び出してきて、神経を圧迫し、痛みを出します。


症状は多くの場合、片方の下肢痛やしびれが出現します。腰痛はない場合もあります。また、下肢の筋力が落ちたりして、つまずき易くなったりすることがあります。
わきだ整形外科では腰椎椎間板ヘルニアに対して、脊椎内視鏡下手術を用いた治療を行っています。
その為、腰椎椎間板ヘルニアの患者さんも数多く来院されます。
しかしながら、手術になるのは全体の3割程度です。一般の方は本当の腰椎椎間板ヘルニアを理解していないことが多い様です。腰椎椎間板ヘルニアではないかと考えて来院される患者さんの、1割未満しか手術にはならないのではないでしょうか。


さて、腰椎椎間板ヘルニアになって病院や整骨院などに通院した患者さんが、あそこの先生に○○○○をしてもらって治ったとか、良く聞きますがその通りでしょうか。


私の考えでは、腰椎椎間板ヘルニアが治る人は治る運命にある人で、どこにも通わなくても治る人だと考えています。


腰椎椎間板ヘルニアは自然と小さくなる人が多く、治療に通っている内に腰椎椎間板ヘルニアが小さくなるので、症状が楽になるのです。ですから、病院とか整体に通ったから治ったとか色々言われる方がいますが、タイミングが良かっただけなのです。


手術せずに腰椎椎間板ヘルニアが治った患者さんは、私が治したのではなく、患者さんの治癒能力が治したのであって、私は治るまで楽に済むように様々な方法で、サポートしただけなのです。
腰椎椎間板ヘルニアが出す痛みは、神経の痛みであり、特殊な痛み方をします。神経障害性疼痛と呼ばれています。従来からあるお薬がの効果が今ひとつの患者さんには、最新の神経の痛みに効果がある痛み止めを処方しています。神経の痛みに効果があるお薬のおかげで、さらに手術をしないで済む患者さんが増えました。


つまり、腰椎椎間板ヘルニアは、多くの場合手術しなくても治せるということなのです。


しかし、どうしても手術が必要な患者さんもいるのは事実で、その様な患者さんには、はっきり手術が必要な理由をお話ししています。


手術が必要な患者さんの中には急いで手術が必要な方もいます。


ですから、見極めがとても大切です。私、楊 昌樹もそうですが、日本脊椎脊髄病学会認定の脊椎脊髄外科指導医に相談すると良いでしょう。


そして、ヘルニア摘出術を受けられる場合は、従来法よりも明らかに優れている、内視鏡下ヘルニア摘出術で受けるのが当たり前の時代になりました。


手術を受ける際は、日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医の資格を持った先生の元で、内視鏡下ヘルニア摘出術を受けるようにしてください。
内視鏡下ヘルニア摘出術やっていても、資格を持っていない先生が多いのが実情です。ご注意ください。


最後にもう一つ注意点があります。
ヘルニアが腰椎の3番目と4番目の間より上に出ている方は、他院で行われている脊椎内視鏡手術では術後に椎間関節の強度がかなり落ちてしまうことがあります。
わきだ整形外科では棘突起正中縦割進入MD. MED法で手術をしますのでそのような心配はありません。


まずはわきだ整形外科外来を受診してください。


腰椎椎間板ヘルニア(外側ヘルニア)について



腰椎椎間板ヘルニアはのほとんどは、脊柱管内に突出して、神経障害を起こします。しかし、まれに脊柱管外に突出するものがあります。


これを外側ヘルニアと呼んでいます。通常の腰椎椎間板ヘルニアの画像と比べるとヘルニアの出ている場所が違うのがわかると思います。


出る場所が違うだけならいいのですが、痛みも通常のヘルニアよりも強い傾向があります。神経障害性疼痛と呼ばれている痛みが強く出ます。さらに、脊椎にかなり詳しい医師が診ないと、見逃されることがよくあります。


脊柱管内にヘルニアがないために、見逃され、ひどくないと言われたり、場合によっては精神疾患と間違われて、抗うつ剤などを処方されていることもあります。
そして、診断されても、手術が難しい場所ですので、手術してもうまくいっていないケースが見られます。


わきだ整形外科では腰椎椎間板ヘルニア(外側ヘルニア)に対して、脊椎内視鏡下手術を用いた内視鏡下ヘルニア摘出術を行っています。


強い下肢痛があるのに、MRIで異常ないと言われている患者さんは一度、わきだ整形外科を受診することをお勧めします。



手術について

脊椎内視鏡下手術は、約2cmの切開で行う脊椎手術です。
大多数の腰椎椎間板ヘルニアや、頸椎椎間板ヘルニアの患者さんは脊椎内視鏡下手術で手術することが出来ます。


わきだ整形外科の腰椎椎間板ヘルニアや、頚椎椎間板ヘルニアの患者さんは、ほとんどが翌日から歩行され、術後2週間の入院で退院されています。


わきだ整形外科では通常の脊椎内視鏡下手術に加え、院長のオリジナルな手術である、棘突起正中縦割進入MED法により、更に低侵襲で安全な手術が可能となりました。


わきだ整形外科の技術力により、脊椎の固定術を回避できる場合もあります。


腰椎椎間板ヘルニアや、頸椎椎間板ヘルニアの治療に対するセカンドオピニオンのご相談もお受けしています。


なぜ、わきだ整形外科での手術がよいのか、脊椎内視鏡下手術、棘突起正中縦割進入MED法のページをご覧下さい。