わきだ整形外科では一人一人の患者さんに、最新で最良の医療を提供することを目標に診療を行っています。現在、多くの患者さんにご来院いただいているために、診察に時間がかかることがあるようです。しかしながら、時間がかかっても、患者さんが納得できるような診断、治療を行うようにしています。
私が2005年に開発した脊椎内視鏡下手術である、棘突起正中縦割進入MD, MED法は未だに最先端の治療法です。脊椎の手術を受けても、高齢の方でも翌日より歩行が可能です。
脊椎疾患全般の治療を行っていますので、お困りの際はご相談ください。

午後は、ほぼ毎日手術を行っています。診察をご希望の方は午前中にお願いいたします。

ここをクリックLinkIcon

小学1年生の時医師になることを希み、周囲に肢体不自由の人がいたせいか、自然に整形外科医になりました。
鹿児島大学整形外科関連病院で勉強後、九州労災病院天児民和名誉教授に師事、研鑽後、1978年7月現在地に開業しました。

ここをクリックLinkIcon