ご挨拶

小学1年生の時医師になることを希み、周囲に肢体不自由の人がいたせいか、自然に整形外科医になりました。鹿児島大学整形外科関連病院で勉強後、九州労災病院天児民和名誉教授に師事、研鑽後、1978年7月現在地に開業しました。
私の診療方針は、患者さん中心の医療、つまり、病状の説明と日常生活の指導をよくおこない理解してもらう、治療について納得してもらう。そして 受療の決定は患者さんが行う、私達スタッフは 患者さん自身が病気あるいは外傷を治そうとするのをお手伝いする、そういった医療をしています。だから 前向きに障害を乗り越えようとする人が好きです。
又、私を含めて当院のスタッフと患者さんと、お互いの肌のぬくもりを感じる 「心と心がつながっている医療」 を行うように心がけています。患者さんとのつながりを大切に、より質の高い医療がなされるよう、心あたたまる医療が出来るように願っております。


経営理念
1.患者さんが満足する、心のふれあう医療を行い、地域社会に信頼され、共感される診療所を目指します。
2.患者さん中心の医療につとめ、優しい心で接し、説明と同意を徹底します。
3.医療職の尊厳と責任を自覚し、知識と技術の習得に努め、その進歩・発展につくします。

所属学会
日本整形外科学会
日本運動器リハビリテーション学会
日本臨床整形外科学会
資格
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
学歴
1957-1960 ラ・サール高校
1960-1966  鹿児島大学医学部
職歴
1966-1967 慈恵医科大学にてインターン実習
1967-1974  鹿児島大学医学部付属病院  鹿児島県立大島病院      鹿児島県立整肢園
1974-1978  九州労災病院 副部長
1978.7.18    わきだ整形外科 開業 院長
1989.10.1    医療法人昌平会  わきだ整形外科 理事長
2015.12.1 医療法人昌平会 わきだ整形外科 理事